エアロゾルガードボックス100台無償提供で医療現場を応援します。

接着剤不要な超速組み立て分解式「まいど-MAIDO- for Med Ⅰ」の医療用エアロゾルガードボックスを、大阪下町の町工場の力を結集した「チームTAKUMI」にて開発いたしました。先着順にて、6月1日(月)より医療機関様へ100台の無償提供を開始(1機関1台限定)

申込み方法は、下記担当者 田窪(たくぼ)までメールにてお申込みください。折り返し、電話で御連絡しますので、必ず電話番号をご記載(メール)ください。なお、無償提供台数終了後も
特別応援価格での販売を継続いたします。

「チームTAKUMI」は、大阪・大東市を中心とした大阪下町のものづくりのチカラを合わせ、コロナウイルス対策に役立ちたいと、本ガードボックスを開発。株式会社Paddy Field(パディーフィールド)の独自ジョイント技術(特許NO.6465864号)採用で、3つの特徴は、①接着剤が不要 ②コンパクトな保管 ③地球に優しいを活用し、「硬い素材に弾力を生む」技術のTAKUMI
開発を組み込み、実用化に成功。接着剤を使わずに素早く組み立てが可能な点で、使用後は簡単に分解できコンパクトに保管できます。
「チームTAKUMI」は、これからもコロナ対策商品の開発で社会貢献を目指します。

木とアクリルが合体、組み合わせをしたコロナウイルス対策パーテーションを提供開始します

  1. 特許取得された分解式ジョイントが難所設置を可能にする(コンパクト)
  2. 難しいとされた違う素材どうしを分解式ジョイントが繋ぎ合わせる
  3. 逼迫するアクリル板需要に対し、強度補強もできる素材組み合わせ

株式会社Paddy Field(パディーフィールド)、弊社では、今月5月26日(火曜日)から、組み立て分解式の飛沫防止パーテーション(まいど-Maido-)の緊急発売を開始します。

特許NO.6465864号を使い、大阪下町の町工場の力を結集し、医療分野および再開される飲食店、対面販売店の接客用として、既に医療分野からの問合せ及び通信大手企業への納入実績もあり、コロナウイルス対策に技術を役立てたいと、本パーテーションを開発。
ポイントは、異なった素材、物質を組み合わることでコスト面、アクリル板供給の逼迫を解消し、段ボールだけ、アクリル板だけの商品よりも、使い方が簡単で軽量化を実現しました。
「接着剤を使わない」ジョイントの研究を進めてきた結果、「硬い素材に弾力を生む」技術のTAKUMI開発を組み込み、実用化に成功。特許内容の3つの特徴は、①接着剤が不要 ②コンパクトな保管 ③地球に優しい。株式会社Paddy Field(パディーフィールド)は、特許技術を活用して夢のあるビジネスを生み出す企画開発型ベンチャー企業として活動しています。